資格取得のメリット

現在、公務員としてバリバリ仕事をしている人たちは多くいらっしゃいます。これから専門学校や講座で公務員の勉強をしようと思っている人たちもいることでしょう。いろいろなモチベーションで、公務員を目指しているのでしょうけど、最近の傾向として、難しい資格を得るために、公務員になろうとしている人たちもいるようです。

公務員になるということは、資格取得という視点からもたくさんの特典があるようです。中には公務員として何年か勤めることで得ることが出来る資格もありますし、様々な条件がありますが、難関な資格なのに、比較して簡単に得ることが出来ます。

例えば、行政書士です。行政書士は、国家試験の中でも知名度の高い試験と言えます。行政書士の資格と言えば、知名度も高く、どんどん受験する人たちのレベルもあがってかなり難しい現状がありますが、もしも、公務員の人たちで、17年以上(中卒は20年以上)という条件をクリアすることが出来れば、行政事務に携わった人たちは、無試験で行政書士として登録することが出来ます。年数はかかるものの、自ずと来るものであり、そのとき、退職後は行政書士というのも選択肢の一つではないでしょうか。

司法書士になるという場合も裁判所事務官、裁判所書記官や法務事務官、検察事務官の職務に10年以上従事していた場合、法務大臣の認定を得て司法書士になることが出来ます。

これらの公務員になるための試験がある訳ですが、司法書士試験と比較すれば優しいとも言えるのではないでしょうか。


管理者